今更ながら・・・・

薪ストーブの掃除をしております。

薪ストーブユーザーの方はシーズン終了後の
GW期間とかお盆休み何かにされる方が多いと思いますが・・・・・。

気付いたらシーズンが始まってました!
バタバタしてたんです・・・と言い訳をしつつ、嫁から「今週末には焚けるように!」と厳命を授かっています。

なぜなら。
c0013622_17373768.jpg

25年10月25日 第二子が生まれましてた。 
週末までには焚けるようにしないと困るんですよね。

って事で、急ピッチで作業をしています。
まずは煙突掃除。

我が家の屋根にはハッチが付いております。
以前の記事より
これはなんでしょう?
c0013622_17424862.jpg


ロープは命綱です。小屋裏の柱に括り付けてあります。
やった事ある方はわかると思いますが、屋根に登ってしまえば作業自体は簡単です。
もちろん屋根の形状やトップの形なんかもあるんでしょうが、作業自体はいたって簡単なのです。

そこがすごく怖い!屋根の上の作業はとても危険です。落下なんてしたら下手したら死にます。
安全帯 ヘルメット 必ず着用しましょう!本当にお願いします。

当方は仕事柄、たまーにヘルメットと安全帯を使用するので、しっかりと着用しました。

では本題。
(超素人の駄文日記ですので、詳しく作業方法が知りたい方はちゃんとしたモノを見て下さいね!)
まずはトップの煙突部分を外します。

例にならってこのダメブログでは写真がありません。
c0013622_17425110.jpg

何という事でしょう!外した後に養生をした煙突です。しかも煙突内作業後。
天気が良い日はこんな事しなくて大丈夫ですが、雨がパラつく日でしたので、念のため養生しました。

トップには煤が結構溜まっているので、外して地上に降りてしっかりと作業をしましょう。
鳥の巣確認も出来るので、下から作業をしておしまい!っていう方法はおススメできません。

順番はおかしくなりますが、ちゃんと写真もありますよー!
c0013622_17425717.jpg

c0013622_1743185.jpg

c0013622_1743496.jpg


まず煙突内に突っ込むブラシ 径を間違いないで下さいね。
サイズが合っていれば、緩くもなく、きつくもなく!絶妙です。意味深

ゴホン。って事でこの長さで届く範囲を上下させて、ゴシゴシと煤を落とします。
続いて、ロッドを足します。
c0013622_17425993.jpg

これが延長用のロッドです。

足してゴシゴシ。足してゴシゴシ。この繰り返し。
下まで届いたら終了です。非常に簡単ですね!
くれぐれも炉内の蓋を閉め忘れない様に!室内が煤だらけになります。

ちょっと屋根からの景色を眺めてみます。
我が家は小高い丘の上なので最高の眺めです。
c0013622_1742555.jpg

c0013622_1742469.jpg

c0013622_17425339.jpg

バカと煙は高いところが好き! 気持ちいいなぁ!

海の方に航空自衛隊があるのですが、ヘリコプターがホバーリングの練習をやっていたらしく
作業時間の間、15分位でしょうか?ずーっとホバってました!カッコイイ!
c0013622_1743613.jpg

中央の空と住宅境目の・・・・わっかるかなー?
わかりづらい! 



次は炉内の掃除編です。
[PR]
by siberiannhasep | 2013-10-30 18:05 | 薪ストーブ
<< 煙突掃除から炉内掃除へ パラグライダー体験 >>