タグ:家造り ( 9 ) タグの人気記事

花壇を作りましょう2

前回
花壇を作りましょう

引き続き、花壇を作りました。
以前にも書いた気がしますが、雨の日に作業をするものではありません 笑

川から拾ってきて仮積みした石をモルタルで固定していきます。
ちょっと硬めのモルタルを使用した方が良いと思います。(結果)

硬めのモルタルを使用しましたが、雨で流されまくってユルユルになって見るも無残な姿に 笑
事前に調べもせずに、作ったものだから、出来は・・・・・・

オリジナリティが溢れまくっています。 

DIYなので気にしませんが、かなり下手くそな出来です。

でも、良いのです!草で積んだ石を覆うようにする予定なのです。

前面を積んだだけですが、雰囲気はガラッと変わりましたよ。
c0013622_10301047.jpg


次回完成です!
[PR]
by siberiannhasep | 2013-07-24 10:33 | 庭いじり

花壇を作りましょう。

ウッドフェンスも無事に完成しましたので、いよいよ始めたいと思います。

最初のイメージは枕木を使ったレイズベッド。
参考
c0013622_13545270.jpg


この予定でしたが色々と問題がありました。

「フェンス下の処理ををどうするか?」
このウッドフェンスは下にコンクリートブロックで基礎を作りそこにフェンスを作っています。

私が作ったフェンス
c0013622_13591997.jpg

基礎石から作ってあります。
このやり方で花壇を作ると、フェンスの基礎石が花壇より低くなり土に潜ってしまいますよね。
つまり、非常に腐りやすくなります。そしてシロアリの餌食になりやすいです。

これを避けるにはどーするか?
こうなりました。
c0013622_1421876.jpg

基礎石の部分を見て下さい。簡単に言えば、コンクリート部分を増やしました。
木枠で囲ってコンクリートを流し込んだだけです。
これで高さはクリアです。

続いてどんな花壇にするか、枕木の予定でしたが、ちょっと遊びたくなりました。
そしてとーっても参考にさせてもらったブログがこちら
My House 新築改装の日々-DIYブログ-
こちらのこの記事
アプローチ花壇石積み1

もうね、イチコロですよ!こういうのがやりたかった!オリジナルに溢れる感じが最高ですね。
凄く素敵です。って事で予定変更で石を積みます。

全体図
c0013622_1484958.jpg

リビングから見た感じです。 ここに石を積みます。
我が家の台風がピースをしています。笑

作り始めます。
いつも通り、レベルを適当にとります。まさにいつも通りです。笑
c0013622_14103482.jpg

これは花壇の高さになります。
正面と脇に石を積みます。後ろは見えないのでコンクリートブロックで問題ありません。

仮で積みます。
c0013622_14103075.jpg

c0013622_141026100.jpg

こんな感じで、積みます。大体の雰囲気を掴んだら、いよいよコンクリートで固めます。

これがめっちゃくちゃ時間が掛かる作業です。ですので今日はここまで!

次回へ続く
[PR]
by siberiannhasep | 2013-06-07 19:53 | 庭いじり

ウッドフェンスの扉を作成しよう2

ウッドフェンスを作ろう! その1
ウッドフェンスを作ろう! その2

ウッドフェンスを作ろう! その3
ウッドフェンスを作ろう! その4 var.1完成!


ウッドフェンスの扉を作成しよう1


前回1から作りなおす!と宣言した。ウッドフェンスの扉です。
両扉を作ってみたものの、出来が3/100点。 3点!全然ダメ!
しかも経過写真がありません・・・ごめんなさい! 

あまりにも見た目が残念な為に、両扉はこの世から「ほふり」ました。
写真を撮っておけば良かったと今更後悔しています。

と、いう事でいきます。
全て最初からのつもりでしたが、ここをリスタート地点としました。
c0013622_1155151.jpg

正直1から全て作り直しなのは、
精神的ダメージが大きすぎる事と、時間があまりにももったいないという事で。そうしました。

写真が無いので残念なイラストでお願いします。
before
c0013622_11504614.jpg

after
c0013622_11504470.jpg

わかりますか? そこ!笑わない!
極端なデフォルメなんですが、柱に合わせて台形に作ってしまいます。

やり方。普通に考えれば、扉を作ってから柱に付けてあげるのが、正しいやり方だと思うのですが
正確な寸法を作るのが、難しかったのでこの様にやりました。
c0013622_11504267.jpg

なんと分かり易い!笑

これを1人でやりました!正直無謀です。すごい大変でした。
何てったって手が足りません。クランプだけでは水平には支えらえません。

木材を抑えつつ、水平をとりつつ、インパクトでとめる。
我ながら良くやりきったなと。

そして完成がこちらです!
c0013622_11501126.jpg

c0013622_11503439.jpg

c0013622_11503783.jpg


じゃじゃーん!パッと見は上出来!
正面から見ても歪みに気づきません 笑
裏からよーく見ると台形になっているとわかります。写真でわかりますかねー?
上から下に広がっています。
はい。写真が悪いですね。あまりわかりせん。ごめんなさい!

扉の機械は
c0013622_13324334.jpg

こちらを使っています。名前なんだったかな 汗
ホームセンターで一式揃えたので、何処でも手に入るものだと思います。
扉の金具全て合わせて3000円程でした。

が、ここで完成と思いきや、ひとつやり残しがあります。
c0013622_1151284.jpg

それがコレ
斜めに入れるコレデすよ。何ていうのでしょう?筋交いで良いのか?
これが無いと確実にひしゃげてきます。重さで垂れ下がってしまうのです。
特に今回制作した扉の場合、柱自体が傾いている為に尚更。
それを防ぐ為に付けるですが、材料が足りなくて・・・・。また今度付けたいと思います。
飽きて作業を止めたわけではありません!笑

色々と書かせて頂きましたが、以上、ウッドフェンス作成編でした!

簡潔に書いたつもりですが、肝心な写真が全然足りなくてごめんなさい!
懲りずにまた読みに来てくださいね。

薪棚→ウッドフェンスと終わり。
次はついに!猫の額にも満たない、小さな庭を作り始めます!
[PR]
by siberiannhasep | 2013-06-06 13:49 | 家造り

ウッドフェンスの扉を作成しよう1

ウッドフェンスを作ろう! その1
ウッドフェンスを作ろう! その2

ウッドフェンスを作ろう! その3
ウッドフェンスを作ろう! その4 var.1完成!


という事で続きです。

まず穴掘りからの基礎石を埋めます。
こんだけ毎週やっていると慣れてきます 笑
c0013622_10362353.jpg

c0013622_1038339.jpg

最近は暖かいですね~!天気も大変よくて、作業日和!
なんですが、とにかく外に遊びたい衝動に駆らています。

衝動をおさえて・・・汗だくで穴を掘って、コンクリートを練って流し込みます。
c0013622_10384571.jpg

その間に、柱の下部を削ります。
基礎石の内部がテーパード状になっているので、カンナでガリガリやってしまいます。
この作業・・・・・ほんと大変で嫌いです。笑


そんなこんなで、ほぼ硬化しているので、柱を立てます。

気付いてはいたのですが・・・・。大問題発生。

ウッドフェンスの柱+笠木はネットでウエスタンレッドシダー(米杉)をネットで注文したのですが
簡単に済ませてしまいたいと・・・悪魔の囁きからホームセンターで4mの米松を買ってきました。
半分にして2mです。これを基礎石に埋めると約1.7m
ここまでは良かったんです。
c0013622_1045162.jpg

分かってたんですが・・・・
もちろん気付いていて購入したんです。

が この米松

めちゃくちゃ曲がってるんですよねー
めちゃくちゃ捻じれてるんですよねー

在庫がこれだけだったので妥協しまくったんですが、

やっぱりこれではダメでした。
家の正面に来る門だし。カッコよくバシっと決めたいですよね。
そもそも正面の扉を何故コストカットしてしまったのか 笑



実は次の日に8割ほど板も貼って、両開きの扉も完成させたのですが、
納得がいかなくて、作り直すことになりました。 

無駄な時間と費用を消費した事がとてもテンションがだだ下がります。
来週もう一度修正作業をしたいと思います。


※毎度の事ですが、割と適当に作ってます。
もちろん危険が無いように安全に作ってますが、素人が作るレベルです。笑
[PR]
by siberiannhasep | 2013-05-21 10:55 | 家造り

ウッドフェンスを作ろう! その4 var.1完成!

ウッドフェンスを作ろう! その1
ウッドフェンスを作ろう! その2

ウッドフェンスを作ろう! その3

こんなちんけなブログで先延ばしにするな!と思った方ごめんなさい。
この記事でvar1完成です。

土砂降りの作業から、翌日基礎は固まっているだろう(希望的観測)という事でやります。

まずは笠木を付けます。
c0013622_1047422.jpg

写真は一段階進んだ物ですが、まず柱と同じ90mmの板を取り付けてあげます。
その上に140mmの板を貼ります。こうする事により雨が柱に垂れにくい事と、
直接木口に雨が当たらない為に、腐敗を遅らせる事が出来ます。
見た目のすっきり感は少し減りますが。
c0013622_11405399.jpg

ビスを打つ時は90mmは上から柱に打ちます。
140mmの板は下から上に向かってビスを打ちます。
上から打つと雨が滲んで腐敗の原因となるので、下から打ってあげましょう。

直角に打つなら2.5倍の長さのビスを~とか
木口に打つなら6倍の~とか
色々とネットで情報がありますので、自分板厚に対してベストなビスを選択してましょう!
私は結構適当ですが 笑
c0013622_11412748.jpg

ちなみにこんな平面図を書いていました。


笠木が完成したら、いよいよ!横板張りです!

~当初の板の貼り方予定~
c0013622_1184731.jpg

別の方のDIY作品です。

こちらのカッコイイ貼り方にしようと検討していたんですが、急遽予定変更しました。
理由は経費削減です。5000円程浮く計算になりました。
って事でよくあるスタンダートな物へ。
c0013622_1117314.jpg

別の方のウッドフェンスです。
少しでも庭のスペースを稼ぐために、いわゆる裏側が庭面になります。

それではサクサクと作業を進めます。
ちなみに1人作業の場合は必ず、クランプが必要になります。
出来れば2つあった方が良いです。私はちなみに1つしか持っていないので、苦労しながら作りました。
c0013622_11183846.jpg

途中経過。クランプを使用していますね~。
ポイントは互い違いに木を貼る事!これをする事によって剛性がでます。
急遽変更した為に、図面が無いので30秒で書いた残念なイラスト。
c0013622_1124163.jpg

そこ!笑わない! こうする事によって剛性がでます。

板と板との間隔は15mmにしました。
c0013622_11274417.jpg

これもいろんなサイトでを参考にして決めると良いと思います。
杉板なんぞ、特にそうなんですが、木は思ったよりも歪んでいます。
寸法通りで上手くいかない時もあるので、15mmを図るよりも、15mmの板を挟んでしまいましょう。
こうする事により、正確なピッチで貼る事が出来ます。

大工作業が完了しました! 疲れたけど楽しかった!
そして次に塗り作業に入ります。 
当初の予定はインウッド。ここで我が家の経済大臣より物言いが入ります。
「高い。定期的に塗るんでしょ?それなら安いやつで良いじゃない」
「・・・・はい。では、キシラデコー・・・
「高い。」
ホームセンターオリジナルの安い塗料になりました 笑
キシラデコールの半値です。 色は同じピニー。

ここで経済大臣が登場します。嫁のぺス子さん。
c0013622_11325497.jpg

手伝いをしてくれました。塗り作業は嫁の方が上手です。
家の塗り壁を塗るときもぺス子さんの方が上手でした。

ちなみに家の中から作業風景を撮影。凄くいい感じです!
c0013622_11333041.jpg

色を塗り終わりました。 

そして翌日の朝の写真です。
じゃーん!
c0013622_1135921.jpg

c0013622_11351732.jpg

FBなら間違いなく「イイネ!」を押すレベルでしょう?笑
色も2度塗りで良い感じになりました。雨との戦いの経過を観察していきたいと思います。

やっと完成しました!

色々と変更やその場に合わせて作り上げましたが、楽しくできました。 
次はちょっとした扉を作って、いよいよレイズベッド(花壇)造作したいと思います。

長い目で見ていてくださいね 笑

おしまい
[PR]
by siberiannhasep | 2013-05-14 17:27 | 家造り

ウッドフェンスを作ろう! その3

ウッドフェンスを作ろう! その1

ウッドフェンスを作ろう! その2


週末2日かけて、やっと出来ました。
土砂降りの中で半泣きで柱を必死に立てて、
翌日はガラリと変わり、快晴の下で汗をかきながら、ようやくvar.1が完成しました。
(これから色々と使い予定)

まずは必死にカンナで削った柱です。
c0013622_10104297.jpg

既に雨で・・・。 本当にカンナは大変でした。特に節があると作業が全く進まなくなります。
何とかやり遂げた柱たちを基礎石に仮立てします。
c0013622_10124522.jpg

我ながら中々良い感じです。今のところ 笑

これから色々と素人全開のボロが出てきます。。。
c0013622_10153545.jpg

少し考えた分かりそうなものですが、柱が隣の薪棚せいで立ちません!笑
屋根を分解するのも超絶面倒臭いので、基礎石に潜る柱を削りました。
それでも入らなかったので、当初の予定よりも7センチ程フェンスが短くなりました。笑

続いて柱をドライコンクリートで埋めていきます。
これはネットで検索すると色んなやり方が出てきます。
笠木を先に付けてから、固定するやり方。
モルタルを流し込むやり方。
カラ練の粉末をそのまま入れて、後で水を掛けるやり方。

色々ありますが、粉末のままのドライコンクリートを使用しました。
何故かというと・・・・土砂降りだったからです。
晴れていてもこのやり方の予定でしたけどね。 

正直な話、雨の中でやる作業ではありません!
固まらないどころか、コンクリートが雨で流れます 笑
c0013622_102468.jpg

綺麗に盛っては雨で流れ~盛っては流れ~。この繰り返しでした。
「何をやっているんだろうか。俺は」と思いつつも、雨との格闘を続けると
雨脚が弱くなったお陰で、何とか完成。
c0013622_10255211.jpg

この写真よりも、もう少し山盛りになってはいますが、
見ての通りコンクリートが雨で流されて、小石が目立ちます。ゴツゴツですね 笑
基礎柱を埋める際は、コンクリート山にして雨が溜まらない様にしてあげましょう。

ちなみに、木が腐る原因は水が掛かる事よりも、土が掛かる事だそうです。
園芸屋さんが言っていました。豆知識。
水はしっかりと流されて停滞しなければ、さほど問題ないそうです。
なので、定期的に柱を水洗いをして、カラ拭きしてあげると良いのかもしれませんね。


そして最大のミス。これは最初から気づいていた事なんですが・・・・
c0013622_10391914.jpg

写真を見ると正面の柱がずれている様に見えますが、
5つの基礎石のうち4つは誤差が±1センチ以内の
まぁまぁ素人にしては上出来という感じですが
一番奥の基礎石が何故が盛大にズレています。

何故こんなにズレてしまったのか本当にわからないです。汗 
横のズレもそうなんですが、基礎石が斜めに埋まっていてもう大変。
柱を垂直に立てる為に基礎下の木部を相当に削りました。
フェンスを建てる方、基礎造りが1番慎重にやりましょう!(適当王の私に言われたくないか 笑)

今日の作業はここまで!翌日は快晴の下で気持ち良く作業をしました。
次はやっと完成編です。
[PR]
by siberiannhasep | 2013-05-13 10:40 | 家造り

ウッドフェンスを作ろう! その2


ウッドフェンスを作ろう! その1


この記事からえらい時間が経ちましたが、GWに遊びすぎました!
まだ終わっていません!

とりあえず柱を建てよう!って事で、
ネットで購入したウエスタンレッドシダーの柱を取り出します。
90角の角材。このまま立てば嬉しいのですが、
基礎石の内部がテーパード状になっているので半分も刺さりません。
必然的に削ってやる事になります。 

私が持っている武器で使えるのはマルノコ・ノミ・カンナ です。
c0013622_1614919.jpg

カンナ未経験の私には、これがまたえらい大変で、正直時間が全然足りませんでした。
丸鋸で45度カットで角を削り落として、そこから調整でカンナでガツガツと削りましたが、
なかなか上手くいかないもので穴に刺しては調整の繰り返し。あっという間に時間が無くなりました。

とにかく節がやっかい!カンナが上手く削れません。。。ノミで挑戦しましたが作業効率は上がらず。

5本削って3時間ほどかかり時間制限の為にギブアップ。無念。

次回は一気に勝負したいと思います。(そしてしっかりと写真も撮りたいと思います 笑)
[PR]
by siberiannhasep | 2013-05-10 18:54 | 家造り

これはなんでしょうか?

こちらは小屋裏ですが、これはなんぞや?

明り取りの天窓?かなー? 正解は・・・・
c0013622_17453932.jpg


More
[PR]
by siberiannhasep | 2013-03-06 17:44 | 薪ストーブ

家のテーマ

建築会社も土地も無事に決まりました。

ここまでも本当に紆余曲折、長かった気がしますが(期間的には短いかな)
やっとスタートラインに立ちました。

More
[PR]
by siberiannhasep | 2012-06-14 17:28 | 家造り